技術

CloudTestは最新のWeb・モバイルアーキテクチャをもっており、クラウド環境を含めたさまざまな環境上にインストールすることが可能です。スケーラビリティ・柔軟性に優れたソフトウェアです。

また、CloudTest上で作成したテストシナリオからテスト結果まで、他のCloudTestユーザと共有することができます。無料のCloudTestを使って開発者がテストシナリオを作成して正式ライセンスのCloudTestにてフルスケールの負荷テストを行うということが可能です。

CloudTestを実際にさわっていただくトライアルが可能です。
CloudTestをインストール可能な環境、対応しているブラウザバージョン。
クラウドを用いたテスト製品のリーダー。 Wall Street Journal紙のTop50 HottestCompaniesに3年連続で選出。
バーチャルコミュニケーションズ(株)は、CloudTestの導入コンサルティングからサポートのサービスをご提供いたします。

CloudTestのアーキテクチャ

SOASTA CloudTestは、AjaxベースのUIをもち、3つの分散WebサービスをもったダイナミックなWebアプリケーションです。


SOASTA リポジトリ (SOASTA Repository):

CloudTestの各種オブジェクト (記録されたテストシナリオ、Test Clip、スクリプト、ユーザ、テスト対象のターゲット、テスト結果データ等) を管理



分析ダッシュボード(Analytics Dashboard):

メモリベースの分析サービスで、大規模なサーバ群からかけた大規模なテスト結果でも高いパフォーマンスで処理します。また、分散配置されたサーバ郡からのテスト結果データをひとつのテスト結果としてまとめて同期されたタイムラインに表示します。また、CloudTestにはConductorというソフトウェアエージェントがあり、http(s)トラフィックを記録してテストシナリオ作成のベースとすることができます。



Maestro:

Maestroはテストシナリオを実行してテスト対象に負荷をかけるエンジンです。毎秒数千のhttpリクエストをひとつのMaestroノードが送ることができますので、いくつもの Maestroを組み合わせて実行させることにより、同時アクセスユーザ数が数万や数十万という大規模な負荷をかけることができます。



特徴:大規模分散可能なマルチスレッドの”Maestro”テストエンジン:

Maestroは、今日のマルチchip、マルチコアのサーバのポテンシャルを最大限に発揮するように設計された大規模分散可能なマルチスレッドのソフトウェアです。
負荷テストにおいて負荷を増やしていく場合にも必要なハードウェア割り当てを最小限とすることが可能です。



特徴: 分散Webサービスアーキテクチャ:

CloudTestの全てのコンポーネントはサービス化されており、それぞれのコンポーネントをそれぞれ物理的に違うサーバにインストールすることが可能です。
このアーキテクチャ上の柔軟性がCloudTestのアプリケーションを一台のサーバで実行することから大規模分散システムで実行することを可能とします。

ページトップへ戻る