Scalable

SOASTAの”Global Test Cloud”プラットフォームは、世界の主要クラウドベンターをカバー しています。

このプラットフォームをベースとして、CloudTestはいま市場にある負荷テスト製品の中でも、最も大きなスケールにも対応でき、必要なときにすぐに利用することができる負荷テスト製品です。

数百万ユーザからの同時アクセスまで

クラウドを使うことによって、負荷テストにおけるスケールは問題ではなくなりました。
CloudTestであれば、負荷をかけるサーバの設定もすべてGUIで可能です。
世界中のさまざまな国と地域からの同時アクセスをかける設定も数分以内に行うことが可能です。
同時アクセスユーザ数(Virtual User数)として、数百万のアクセスをかけることも可能です。

分散アーキテクチャ

CloudTestの全てのコンポーネントはサービス化されており、それぞれが物理的に違うサーバにインストール可能ですので、分散処理により大きな負荷をかけることが容易な構成となっています。

CloudTestは、一般的にはクラウド環境が従量課金で柔軟性も高いので利用されることが多いのですが、クラウド環境にインストールすることも、イントラネット内にインストールすることも、一部をイントラネットにインストールして残りをクラウド環境にインストールすることも可能です。

モバイルデバイスからの負荷も

CloudTestはさまざまなモバイルデバイスからのアクセスもシミュレート可能で、モバイルからの大規模アクセスも容易にかけることができます。

CloudTestには、テストシナリオの作成に利用できる”Conductor”というモジュールがあります。
Conductorは、http / https のリクエストを記録するエージェントソフトウェアです。Proxyとしても機能することにより、httpsのリクエストやモバイルでバイスからのリクエストも記録することができます。

Conductorで記録したアクションはGUI上で編集・加工することにより、大規模な同時アクセスとすることも全てGUI上で可能です。

ページトップへ戻る